小屋の床作り

 

こんにちは。てるにわです!

 

今日は設置の終わった基礎石の上に床を作ろうと思います!

 

木材の間隔が180㎝と長いので2×4ではなく2×6の木材を使用します。

防虫防腐木材を使用していますが、念のために防腐剤を更に塗っています。

 

上水・下水の配管も自分で施工しようと思っているので、床高は少し高めの60㎝をとっています。

荷物や使用前の木材・合板などの仮置き場に使えて非常に便利でした!

 


f:id:TERUCAMP:20220314223200j:image

f:id:TERUCAMP:20220314223157j:image



 

塚原高原は九州の避暑地として有名で、冬になると氷点下になり雪が積もるのも珍しく無いので、断熱材はしっかりと入れていきます!

 


f:id:TERUCAMP:20220314223226j:image

f:id:TERUCAMP:20220314223229j:image



 

最初の冬を迎えて、床の冷えがひどい場合はさらに断熱材を増やそうと思っています。

 

断熱材を敷き詰め終わったので、合板を張っていきます。

合板は構造用合板の12㎜を使用します。木製のフローリングは使わず、フロアクッションを貼る予定ですので、合板は2枚重ねにしてたわみを軽減しています。


f:id:TERUCAMP:20220314223340j:image

f:id:TERUCAMP:20220314223336j:image



 

 

今日は床を完成させて終わりにします!

最後まで読んで頂き感謝です♪

 

ここ塚原高原で、

1日1組限定の小さな小さなキャンプ場を

運営しています! 

気になる方はこちらまで↓
湯布院・塚原高原

『ハコニワ-hakoniwa-』
http://hakoniwa-yufu.jp/