小屋の浴室作り DIY

 

こんにちは。てるにわです!

 

10日ぶりにブログを更新します。10日間なにをやっていたのかと言うと…旅行などの休暇ではなく、ずっと小屋作りDIYしてました。
虫の侵入口を探して隙間を塞いだり、テレビ台やらクローゼットやら子供部屋の改良やら…ブログで紹介するまでも無い細かな作業をしてましたが…一旦終了して、ようやく浴室を作ろうと思います!

 

入浴に関しては塚原高原(湯布院と別府の間)に住んでいるので、ずっと温泉巡りをしてたのですが、どうしても時間とお金がかかるので自宅内に浴室を作ります。

まずはお決まりのYouTubeとネット巡りで浴室の作り方を勉強して、イメージを固めます。

浴室の大きさは180㎝×90㎝(一畳分)です。狭いので、扉ではなくシャワーカーテンにしました。
浴槽は要らないかもしれないので…簡易的なビニール製の商品にしました。

 

作業の流れは…
①壁に換気扇の設置穴を開ける。
②壁に断熱材を入れて構造用合板を張る。
③構造用合板を使って床に勾配をつけ、排水溝の金具を取り付ける。
④壁・床・天井の隙間をシリコンで埋める。
⑤壁・床・天井に仕上げ材を貼る。
⑥仕上げ材の隙間をシリコンで埋める。
⑦浴槽・シャワーカーテン・照明などを設置する
⑧棚を設置する。→とりあえず終了です♪

他の作業の合間でボチボチ作業をしていたので、計10日間程をかけて作り終える事が出来ました!

f:id:TERUCAMP:20220108152300j:image


f:id:TERUCAMP:20220314225518j:image
f:id:TERUCAMP:20220314225512j:image
f:id:TERUCAMP:20220314225515j:image
f:id:TERUCAMP:20220314225506j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230433j:image
f:id:TERUCAMP:20220314230430j:image
f:id:TERUCAMP:20220314230425j:image
f:id:TERUCAMP:20220314230428j:image

 

『断熱材について』

浴室は湿気が溜まるので、断熱材はグラスウールではなくスタイロフォームを使いました!

 

『仕上げ材について』

専用の浴槽用パネルは値段が高いので、壁と天井は野外看板用のアルミ板を使用しました。
180㎝×90㎝で1枚2,500円程度でした。

床は浴室専用の防水シートを使用しました。

壁と天井がアルミ板一色だと殺風景なので、壁の正面だけはタイルシートを使用してオシャレに仕上げています♪

 


f:id:TERUCAMP:20220314230220j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230215j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230232j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230217j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230229j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230223j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230226j:image



 

『アルミ板の切断方法』

アルミ板はカッターで切断出来ます!
最初は定規を使って2〜3回ほど軽く切り込みを入れます。そのあとは定規は使わずに切れるまで切り込みを入れます。
コツとしては、結構な力で2〜3回ほど切り込みを入れると簡単に切断出来ます。
切断面は少しガタガタしているので、金属専用の紙ヤスリでバリ取りをしました。


f:id:TERUCAMP:20220314230125j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230128j:image

f:id:TERUCAMP:20220314230122j:image



 

最後まで読んで頂きありがとうございます! 
全ての繋がりに感謝です♪

 

ここ塚原高原で、

1日1組限定の小さな小さなキャンプ場を

運営しています! 

気になる方はこちらまで↓
湯布院・塚原高原

『ハコニワ-hakoniwa-』
http://hakoniwa-yufu.jp/